クレジットカードを高校生が使う長所と短所

クレジットカードを高校生が使うと勉強になる、友人に自慢できる、地域の人が驚くなどの長所があります。

高校生がクレジットカードを持つのは、利用限度額を設定した後と想定されます。そのため、月の使用上限は2万程度に抑えられているので、親も安心していられます。



それに、カードを通じて色々な体験ができるため、社会勉強にも効果的です。

また、同じ高校に通う友人に見せびらかして自慢ができます。

カードの見た目は高級感があることから、友人は自身もほしいと感じてもおかしくないです。

ただ、あまりやり過ぎると、友人の両親に怒られるので程々にしたほうがいいです。

あと、地域の人が高校生が買い物をしている場面に遭遇すると、驚くと思われます。



外に連れ出して色々と質問されるので、その時は社会勉強の一環で使っていると答えれば納得してくれます。


同時に、そういう勉強方法もあると感心するかもしれないです。

短所は落としてしまうと大変、学校の不良に目をつけられやすいなどです。
クレジットカードは、紛失してしまうと面倒なので、バッグの中などに大事に保管しましょう。

なくしてしまった際は、すぐに親に連絡したほうがいいです。



連絡すると親のほうでカードを発行してくれた会社に連絡を入れてくれるため、拾った人が悪用できなくなります。

また、学校に不良がいる場合は、カードを取られてしまう恐れがあるので注意です。

周囲の人も迷惑しているはずなので、話し合って仲間を増やし10人前後で移動するようにすれば、不良も手を出せなくなります。