クレジットカードを選ぶ時には

クレジットカードを選ぶ時にはトータルで見て、最も得をすることができるものを選ぶのが良いでしょう。


また、一枚のカードで全てを賄おうとするのではなく用途に合わせていくつか使い分けることも大切です。あまりに作りすぎるとポイントが分散されて効率が悪くなってしまいますが、カードの特典によってはポイント以上の価値があるものも少なくないのでそのような部分をよく考えながらクレジットカードを選ぶことが大切です。



まず、クレジットカードを選ぶ時の基準として年会費がありますが同じ条件であれば当然年会費はかからないほうが有利だといえます。



しかし、年会費が高いカードというのは還元率が高めに設定されていることなども多いので、還元率の差を考えると年会費がかかるほうがお得ということもあるので、年間でどれだけ使用をするのかということを考慮に入れた上で選ぶのが一番です。
次にポイントの効率でいえば一枚に集約をさせるのが一番効率的なのですが、カードごとの特典によっては用途に合わせて使い分けをしたほうが得をすることがあるので、いくつかのカードを使い分けるという方法もあります。



スーパーやガソリンスタンドの発行しているものは、それで支払いをすると割引を受けることができるという特典があることが多いので、そのためだけに持っていても損はないものとなっているため、通常の支払い用と特定の用途に合わせた物を選んで作ってみるのも悪いものではありません。