クレジットカードを使って得をする方法があります

クレジットカードとは、単に現金不要で買物をする手法にはとどまりません。
使い方次第では、稼ぐこともできるのです。
高額商品を買うときだけでなく、たとえば銀行引き落としや現金払いのものをクレジットカード決済に変えるだけで、1年で何万円も浮かせることもできるのです。


カードを使ったときに金額に応じて還元されるポイントが、その秘密です。

言うまでもありませんが、ポイントというのはお金と同じです。


電気、ガス、水道代、インターネットプロバイダー料、携帯電話料金、生命保険料、自動車保険料などをクレジットカード決済に変更するだけで、そのマジックが使えるのです。



また、スーパーでの買い物のときも、カードを積極的に使うべきです。

さらに、昨今では、家賃や医療費なども、カードで支払いができるところもあります。



現代では、ポイント還元率が1.0%を超えるカードも目立ってきましたので、より有利な還元率のカードを選択することを忘れてはなりません。
なお、クレジットカードを使うのがこわいという声を少なからず聞きます。紛失や不正使用された事態を想定しての不安なのでしょうが、一般的には、カード会社が保証することとなっています。



カード会社としては、できるだけ、カードの使用実績を増やしてほしいというのが偽らざる思いですから、セキュリティ面に力を入れるのはもちろん、保証に関しても顧客の不利にならない対応をしています。

せっかく得をするチャンスですので、必要以上に警戒するのはあまりにもったいない話です。

クレジットカードを賢く使えば、大いに得をするものです。