クレジットカードを作る場合に知っておきたいこと

クレジットカードは、一般的には、現金の持ち合わせがなくても商品の購入ができることや、お金を気軽に借りることができるカードとして認識されています。

現在では様々な会社から発行されており、手軽に申込をすることができるために多くの人が利用しています。

一方、十分に理解しないままカードを作る人も多く、特に初めて利用をする場合には内容を把握した上で申込みをすることが大切になります。



クレジットカードは、信用を意味するクレジット機能が付けられたカードのことを指します。

つまり、お金が無くてもカード保有者の信用のみでサービスを受けることができ、ここでの支払いや返済は後払いで行うことができます。


簡単に言えばツケ払いカードということになり、ここでは、未来の自分への借金をすることを意味します。

仕組みは簡単で、例えば、クレジットカードを使用して商品を購入すれば本人に代わってカード会社から代金が支払われ、店舗はカード会社に手数料を支払います。

その後、定められた期日にカード保有者がカード会社に利用代金を支払うことになります。

カードには限度額が設けてあります。


限度額は個々によって異なり、基本的には返済能力によって定められます。



仮に50万円が限度額であれば、カード保有者は50万円分の信用を得たことになります。反面、10万円であれば、10万円分しか信用されていないことを意味しています。
クレジットカードでは、ショッピング枠がメイン機能となりますが、他に、お金を借りる場合に利用できるキャッシング機能が設けられています。


キャッシング機能には借りれる範囲となるキャッシング枠が設けられていますが、基本的にはショッピング枠の中に含まれており、本人に与えられる信用に関してはショッピング枠での金額となります。

種類としては、国際ブラントと自社ブランドの2つがあり、国際ブランドが付けられているカードは世界中で使用することができます。