クレジットカードとデビットカードの違い

最近、クレジットカード会社発行のデビットカードが人気ですが、厳密には、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

デビットカード自体は以前より存在してましたが、利用できない店舗やサービスが多く、実用的な価値がほとんどありませんでした。ところが、クレジットカード会社提携のカードが提供されるようになると、そのクレジット業者の加盟店ではほぼ利用することができるということで利用者が急増しています。



まず、デビットカードの場合には、口座に残高がある分だけの利用となりますので、借金することはありません。

従って、金利もありませんし、リボ払いなどもありません。



簡単に両者の違いを説明すると、クレジットカードの場合には、後払い、分割払いのOK、利用者は18歳以上、審査ありとなります。

これに対して、デビットカードは、即時払い、1回払いのみ、利用者は15歳以上、審査なしとなります。また、何より異なるのが、デビットカードの発行会社は銀行であるということです。


また、クレジットカードに付帯する機能としては、ETCカード、電子マネーなどについては、今のところ、デビットカードでは対応していません。



また、ほとんどのケースで利用が可能ですが、毎月支払いが発生するものについての利用は、デビットカードの場合には制限を受けることがあります。


さらに、ポイントについては、基本的にはクレジットカードに比べると付与率は少なくなりますが、中には同程度の付与率のカードもあります。