クレジットカードの審査について

クレジットカードを申し込む時には、いくつかの注意点を前もって理解しておくと円滑に物事が進みますし、トラブルがあっても難なく解決できるようになります。

ただし、詳細に関しては各会社により基準などが異なるので、一言で言い表すのは難しいものの、一般的に共通している事があるのでそれらに目を向けて進めていきましょう。



クレジットカードの申し込みを計画した時、誰もがまず心配するのは自分が審査に合格できるのかという事です。審査と耳にすると仰々しく感じるのですが、判断材料になるのは申込書に記入されている事柄です。また、機関に対して個人情報が登録されている場合においては、それらの情報が元となり進められていきます。
いざ、申込書を入手して記入していこうとした場合、住宅に居住している年数と住宅の形態について書き記す欄があります。一見、クレジットカードと関係が無いように感じるのですが、これらの情報は不払いがあった時に回収に訪れるために利用されます。



仮に居住年数が少なめの場合は、短いスパンで移動されてしまう事になり、不払いの時に回収が難しくなるためあまり良い印象になりません。



およそ2年以上同一住所で生活し続けていると、クレジットカードの取得に向けて有利に働きます。当然、持ち家の場合はそう簡単に引っ越しすることは無く、持ち逃げされるリスクが低いので審査が通過しやすいものの、賃貸はあまり良好ではない印象を与えてしまいます。