クレジットカードの不正利用時の対応について

クレジットカードの不正利用や個人情報漏洩など、ニュースなどで目にしたことがあるという人の中でも、実際に自分の身に起きなくては、実感する人は少ないのではないでしょうか。


もし、クレジットカードを利用した覚えがないのに請求があったという場合には、すぐに、カード会社に連絡をするようにしましょう。

カード会社にもよりますが、利用した時と請求する時期に違いがあることがあります。
そのため、場合によっては、カード決済をしたことを忘れてしまっているだけである可能性もあります。

しかし、そうであったとしても、カード会社に問い合わせることで、そのことが判明しますし、対応は早ければ早いほど良いでしょう。



そして、不正利用されたということが判明した場合には、警察に届け出るようにします。この時、警察から受付番号が伝えられますので、その番号をカード会社に連絡をするようにします。



警察に連絡をしなくても構わないと思わないようにし、必ず届け出るようにしましょう。

そして、カードの再発行を依頼します。



新しいカードは、これまでのクレジットカードとは番号などが変わっていますので、自動引き落としなどの設定をしている場合には、設定をし直すようにしましょう。

不正利用された金額については、契約者に落ち度がなかった場合、被害が起きてから61日以内である場合などは補償されます。

しかし、契約者に落ち度があったり、被害が起きてから時間が経過している場合にはその限りではないこともあります。