クレジットカードの返済ができなくなったときの対応

クレジットカードを利用しすぎて返済できなくなったときの対応として、やってはいけないのが督促の通知に対して無視して応じないことです。
無視し続けることで代金を踏み倒せるようなことはなく、返済が滞れば1日ごとに遅延損害金が発生して利息が膨れ上がります。

最終的には法的手段が取られ、裁判で一括返済を命じられることがあり、応じられなければ財産を差し押さえられることもあります。



クレジットカードの返済ができなくなったときに、一時的にお金が不足しているだけであり、返済の見通しがあるのなら、カード会社に自分から連絡を入れて遅れる理由といつまでに返済できるのか説明しておきましょう。

遅延損害金がなくなるわけではありませんが、カード会社からの督促を抑えることができ、カードを強制解約されなくなります。



また、すぐに返済できれば信用情報に傷が付くこともありません。



2、3か月間遅れが続かなければ延滞として個人信用情報機関に記録されることはないので、早めに返済しましょう。

クレジットカードの返済ができる見通しが全くない場合、放置しても何も解決しないので、司法書士や弁護士に相談しましょう。信用情報に傷が付くデメリットはありますが、債務整理することで今後の利息をカットして分割で返済したり、借金を大幅に減額することができ、取り立てを止めることもできます。


返済できなくても信用情報には傷が付くので、債務整理を躊躇っても得することはありません。