現金よりも有利なクレジットカード

借金が嫌いで現金払いをする人も多いものですが、同じ金額を支払うのであれば多くの場合クレジットカードの方が有利となります。

逆に言えば現金で支払うメリットというのはほとんどなく、持っているお金以上に使うことができないというものしかありません。更に現金払いの場合、デメリットも多くあるので少しでも節約をしたいのであればクレジットカードに切り替えるのが得策です。

現金払いであればまずは現金を用意しなければならないので、ATMで出金をしなければなりません。



そのため、一定期間に一度は銀行に行かなければならず手間がかかっていしまいます。


しかし、クレジットカードであれば給与口座を引き落とし口座に設定しておけば、銀行に行く必要がなくなるので手間が省けます。

現金は落としてしまったらほぼ返ってくることはありませんが、クレジットカードであれば落としてしまったときにも使用をすぐに停止することができますし、不正使用された分は補償されるので損をすることがありません。



一般的にはカード番号の流出などで不正利用をされるのではという心配がありますが、実際にはいざそのようなことがあったときにはしっかり補償がされるので、なくしてしまったら全ての現金よりも安全性が高いといえます。



そして、最後にクレジットカードにはポイント還元であったり、独自の割引といった物がありますから、現金で支払うよりもカード決済を選択したほうが有利な場面は多いのです。